―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

天空の彼方、虹の根元

「パエリア」は好き?嫌い?さまざま感じ方があるかもしれないけど、必ずしも悪くない気がする、「シュウマイ」は。そんな気がしない?
トップページ >

ページの先頭へ

月が見える仏滅の夜に熱燗を

明日香は、専門学校に入って一番に打ち解けた友達だ。
彼女の魅力的なところは、たいていの事は見逃すし、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私が親しくなりたいと話かけたそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒に過ごせば、悩みなんかも単純化されるので、とっても心が軽くなる。
シャープでスレンダーなのに深夜にハンバーグを食べに車を走らせたりするという。

息もつかさず話す妹と暑い日差し
私の子供がマルモダンスを一生懸命踊っている。
私や妻は教えていないけれど、2歳なのに頑張ってまねしている。
映像の中でマルモの音楽が流れると、録画した映像を見るとだだをこねて泣く。
保存したものを流すと止まることなくずっと休むことなく見続けている。
母親からみて、テレビを見ているより本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今遊んでおくのも私たちの為でもあると思う。

具合悪そうに大声を出す兄さんと私

仕事終わりの時間つぶしに、花の美術館に入館して以来、あの場所に虜にされている。
驚いたのは、単独でじっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、期間限定の展示が非常にそれ以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展がとても海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の展示がたくさん。
その方は、有名な週刊新潮の表紙を描いた人物だ。
それ以外でも、日光にある、夢二美術館でたくさんポスカを買った経験も。
実際、絵にはなにかと幸せな時をいただいている。

気持ち良さそうに口笛を吹く君とよく冷えたビール
タバコは体に良くない。
など、分かっていても購入してしまうという。
以前、業務の関係で紹介された旅行会社の社長であるおじいさん。
「私が丈夫なのは煙と酒のおかげです!」と明るく言っていた。
胸を張って聞かされると失敗が目に見えている脱ニコチンはしなくてもOKかもしれないと感じる。

天気の良い火曜の夕暮れは焼酎を

先日、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
麻衣子と明日香は、私の学生時代の仲間で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、力を入れていたのが国際観光とトイックだったので、旅が趣味だという生徒たちでいっぱいでした。
特に、この2人を含む、気の合う6人で色々なところへ旅をした思い出は大切です。
私はもともとそれ程仲のいい友人が多い方でもないし、しかも十分だと満足しています。
なので、単純にうれしかったけれど、すぐ横で麻衣子が満足しているような顔をしていたのも喜ばしい事でした。

雹が降った金曜の夜明けにお菓子作り
名の知れたお寺であろう、法隆寺へ行った。
法隆寺だけという伽藍配置も充分見れて、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、想像よりも大きなものだった。
このお寺様に関して勉強するにはきっと、非常に多くの時間を欲するのではないかと思う。

陽気に歌うあの人と霧

会社に勤めていたころ、なかなか退職するチャンスがやってこなかった。
そこまで辞めたかった訳ではないから。
チームで働く気持ちがなかったのかもしれない。
考えるのが面倒で、その日、はっきりと今月で辞めると口にした。
そんな日になぜかは分からないが、普通は少しばかり気難しいと思っていたKさんが、話しかけてきた。
話の中で、話したこともない事情を知らないKさんが「この業種、大変だけど、君はもうちょい頑張れるよ。」という話をしてきた。
色々あって悲しくなった。
そして、会社の帰りに、上司に退職を無かったことにしてもらった。

涼しい火曜の夕方に読書を
普段より、会社や家事に追われていて、ほとんど空き時間がない。
少しの空き時間が持てても、常に次の仕事の納期など、何かの詳細が頭の隅にある。
そんな状況で、大きな時間ができると、とても喜んでしまう。
よ〜し、この少しだけ休日をどうやって費やそうかと。
だいたい、ほとんどが、あれも、これしたい、など希望のみが重なり、完全には上手くいかない。
そして私はマイペースなので、気付けば夜まで経過。
時は金なり、という言葉はまさに明瞭だと感じる。

気分良くダンスする母さんと穴のあいた靴下

日本は、数えきれないくらいのお祭りが催されているだろう。
自分の目で見たことはないのに、じゅうぶん知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
圧倒されるような彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見学した日に、DVDや実物大の笠鉾と屋台を見せてもらった。
12月に開かれるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
リアルタイムで見てみたい祭りの一個なのである。
もうすぐあるのは、福岡県のほうじょうやが有名で、生き物の命を奪う事を制限するお祭り。
大昔は、このお祭りの開かれてる間は、漁業も禁止されたという。
代々続くお祭りも重要だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく好きかもしれない。

陽気に自転車をこぐあなたと穴のあいた靴下
今日この頃、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を増やさない様にと考え毎日、筋トレを頑張っている。
2歳の娘を自らの体の上にのせて数を声を出し数えながら筋トレをしたら、家族とのふれあいにもなって、わが子も一から数を心覚えるし、私の横腹の脂肪も落ちるし、一石二鳥だと考えていたら、はじめのうちは、しっかりしがみつきながら笑っていた娘もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

サイト内カテゴリ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 天空の彼方、虹の根元 All rights reserved.